睡眠不足だったりホルモンバランスだったり…

生活してると「怒りたいわけじゃないのにイライラしてしまう」タイミングがどうしても出てしまうものです。

でも本当はイライラしてるのも何か体や心が心が伝えたいメッセージがあって、それをうまく出力できていないんじゃないかとも思うのです。

そんなモヤモヤから手に取った本です。

個人的感想・気付き

とにかく読みやすい!!スキマ時間でも1項目、2項目読めちゃうくらいの読みやすさ。1項目につき1つの4コママンガが載っていて、その後に解説的な文が2、3ページ載っている形。普段本を読む習慣が無い、本を読むのに慣れていない人でも読めるわかりやすさが魅力

・「どうして自分はそのことで怒りを感じるのか」「怒ることで生じるマイナスの影響」「正しい怒りかた」「怒りをどう昇華していくか」がうまく色んな身近な例で解説されている感じ。

・そもそも怒りを人間が感じるのは怒りの感情が必要な感情だから。「生き物にとって必要な感情だからきちんと備わっている」大切な感情なのであって、無理に我慢したり抑え込むものではない。でも、現代社会においては無駄とも言えるイライラや怒りが、自分の首を絞めてしまうことも確か。まずは自分をいたわることを大切にしつつ、自分にとって不当な対応をしてくる相手からはきちんと距離を取ったり、それができない場合は自分の心の中で解釈を変えることで、自分を苦しめる状況を避けていくことが大切なのかもしれない。

こちらの書籍はAmazon楽天ブックスでも購入できます。
気になった方は上記リンクからどうぞ。

投稿者
アバター画像

桜かぴばら

桜とカピバラを愛する豆腐メンタルな存在です。 好奇心旺盛なのがウリなので趣味はたくさんありますが、ほぼインドア派です。食べ物と読書と可愛いキャラクターには目がありません。ソシャゲはわりとひとりで楽しんでます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)