もちぎさんについては旧Twitter時代にTLでお見かけはしていたものの、著書はほぼ初読みでした。

個人的には「壮絶な人生を生き抜いてきた人」というイメージだったので、そのメンタルには学ぶことが多いかと思い、購入してみました。

結論から言うと、答えを出さないことの強さを感じました。

個人的感想・気付き

・本のタイトルからしてインパクトが大。タイトル買いしたようなもの。私自身も、つらいとなかなか人に言えなくて、笑いながら話すから真に受けてもらえなかったり、相談することが無駄に思えてずっと内に秘めてきたタイプだった。この本はそんな人でも「それでもいい」「相談してもいいし、しなくてもいい」「人それぞれなんだよ」ということを、コミック&エッセイで伝えてくれているように感じた。

・何箇所か読んでいて涙か出る箇所があったが、第9話の例は特に胸にくるものがあった「つらいって言うことがどれだけ難しくて、それを言えることがどれだけ恵まれていたことなのか」というセリフは理解できるところが大きくて切なかった。「相手は相談聞くよと言ってくれていても、本当に相談していいのか。相手の負担になるのでは?大したことないって笑われるのでは?やっぱり相談しなければよかったと、後悔するのでは?」そんな思いばかりが頭を駆け巡って、何も言えなくなる。このコミックのクマさんは、その思いが溢れて泣いちゃったのだと思う。私も泣くことしかできないだろうから、つらさがわかる。それに対して真摯に向き合ってくれた親友もすごいと思うし、「君がどんな選択をしてどんな後悔やモヤモヤを抱えようとも、そのたびにまた私がそのつらさを聞くから、つらくても前に進めそう?」というセリフには、驚きを通り越して感心してしまった。私もそんなことが言えるような人間になりたいと思ったし、目指していこうと思う。

つらさの度合いが千差万別なように、つらさに対してどう向き合っていくかも、人それぞれでいいのだということを感じた。気持ちに正解なんてなくて、その人が感じているその気持ちがすべて正解なんだと思う。そんなことを感じ取った本だった。

こちらの書籍はAmazon楽天ブックスでも購入できます。
気になった方は上記リンクからどうぞ。

投稿者
アバター画像

桜かぴばら

桜とカピバラを愛する豆腐メンタルな存在です。 好奇心旺盛なのがウリなので趣味はたくさんありますが、ほぼインドア派です。食べ物と読書と可愛いキャラクターには目がありません。ソシャゲはわりとひとりで楽しんでます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)